Mac OS X(10.5)でInDesignを使う際のHelvetica問題

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2009年6月22日、更新日:2014年3月 6日

Helvetica-dfont.png

Mac OS XでInDesignを使う際、Helveticaフォントをどのように扱うか、は非常に悩ましい問題です。

Mac OS Xでは、システムフォントとして「/System/Library/Fonts」内にある「Helvetica.dfont」を使っています。「dfont」はTrueTypeフォントです(1ファイルで複数のウエイトを同梱)。

TrueType版とType 1版のHelveticaは、Helvetica Medium(T1)とHelvetica Regular(TT)のようにフォント名が異なるだけでなく、形状なども異なるため、リフローなどの原因になります。

そこで、TrueType版とType 1版のHelveticaのどちらを使うか、については明示的に指定を行い、第三者が制作したドキュメントでも意識的に確認作業などを行う必要があります。

その際、問題になるのがType 1形式のHelveticaを使う際、どのようにOSに組み込むのか、ということですが、これについてどのような方法が取れるのか、どの方法がベストなのか、について考えてみます。

DTP Transitでは、現在、次に挙げるMethod AでHelvetica/Helvetica Neueなどの基本フォントを管理しつつ、それ以外はFontExplorer Xで管理するのがベストではないかと考えています。

  • Method A:「/Library/Application Support/Adobe/Fonts」にType 1のHelveticaを入れる
  • Method B:「/Application/Adobe InDesign CS4/Fonts」にType 1のHelveticaを入れる
  • Method C:フォント管理ツールを使ってType 1のHelveticaをアクティベートする

「ほかにこんな方法がある」「この方法だとこんなデメリットがある」などの情報がありましたら、ぜひお知らせください。コメント欄、もしくはdtptransit[at]gmail.comまでご連絡ください。

Method A:「/Library/Application Support/Adobe/Fonts」にType 1のHelveticaを入れる

  • 全ユーザーが使える。ただし、アドビのアプリケーションのみが対象。
  • フォント重複のアラートが出ない。
  • InDesign CS4では、TrueTypeのHelveticaが認識されなくなる。
    HelveticaINDCS4.gif
    TrueType版のHelveticaを使っている場合には「環境に無いフォント」として扱われる。つまり、古い書類などでTrueType版Helveticaを使っている場合には置き換えが必要になる。
    Helvetica-error2.png
  • Illustrator CS4では、Type 1/TrueTypeそれぞれを使える。
    HelveticaAICS4.gif
  • 「~/Library/Application Support/Adobe/Fonts/」でもOK。デフォルトでは「Fonts」フォルダがないので作成の上で。こちらだと、システムを再起動せず、ログオフ/ログインのみでOK。

参考までに:

Method B:「/Application/Adobe InDesign CS4/Fonts」にType 1のHelveticaを入れる

  • InDesign CS4のみで使える。
  • フォント重複のアラートが出ない。
  • InDesignでは、TrueTypeのHelveticaが認識されなくなる。TrueType版のHelveticaはMethod Aと同様「環境に無いフォント」として扱われる。
  • Illustratorでは認識しないので、「/Application/Adobe Illustrator CS4/」内に「Fonts」フォルダを作成して同様に入れておく。

Method C:フォント管理ツールを使ってType 1のHelveticaをアクティベートする

Mac OS X 10.4までは、FontExplorer Xを使ってTrueTypeのHelveticaをディアクティベート(使用不可)することができましたが、Mac OS X 10.5では、ディアクティベートすることができません。そのため、起動の度に「フォント重複」のアラートが出ます。

Helvetica-error.png

「フォント重複」により、たとえば、Mail.appなどで表示が乱れるなどがありますが、DTP環境での具体的なトラブルについては、細かいところまではよくわかりません。ただ、やはり避けるに越したことはないムードです。

Mac OS X 10.5とProtected Fonts

Mac OS X 10.4では「Helvetica.dfont」をはずしてしまうという荒技を使う方もいましたが、Mac OS X 10.5ではこの技は使えません。 Mac OS X 10.5以降、「Helvetica.dfont」をはじめとする次のフォントは"Protected"されており、「/System/Library/Fonts」から削除しても蘇ります(Font Bookを使って使用停止を実行しても「切」になりません)。

  • Geneva.dfont
  • Keyboard.dfont
  • Helvetica.dfont
  • LastResort.dfont
  • HelveticaNeue.dfont
  • LucidaGrande.dfont
  • Monaco.dfont

なお、「/System/Library/Frameworks/ApplicationServices.framework/Versions/A/Frameworks/ATS.Framework/Versions/A/Resources/ProtectedFonts」を削除の上、「/System/Library/Fonts」の中のdfontを削除すれば自動復活は行われませんが、OSがプロテクトまでしているフォントをはずすのは非常にリスキーです。極力、これは避けた方がよいでしょう。

Method D:HelveticaはOpenTypeのものを使う

ある意味、明快なアプローチです。 ただし、Method A/Bの方法だと、Type 1のみしか認識されないようです(私の環境では未確認)。

追記(6月23日)OpenType版のHelveticaといっても、いろいろあるため、ソリューションはシンプルではありません。

  • FontFolio付属のOpenType版のHelveticaには「LT」が付いているため、どんな方法を取ってもHelvetica T1と混在できる。
  • アドビで購入できるOpenType版Helveticaの場合、Method A/Bの方法だと、Helvetica T1と混在できません(Helvetica T1はメニューに出てこない)。

FontFolioも地道にアップデートされているため、最新版のFontFolioについているものは、現在、アドビで購入できるものになっているかもしれません。

ご参考:

その他

フォント管理ツール

関連情報

ご参考

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月、2016年7月、11月に増刷(現在「五刷」)。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

最新版への対応

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2017(2016年11月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る