顔のぼかしやモザイクをスピーディに。そして修正しやすく

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2017年9月25日、更新日:2017年9月25日

協力:CSS Nite in AOMORI 実行委員会

肖像権やプライバシーへの配慮のため、SNSなどで利用する写真で、顔にぼかしやモザイクを入れる必要があるケースがあります。

該当箇所のみを異なるレイヤーに複製する方法でもよいのですが、いかんせん時間がかかるだけでなく、修正しやすさを考えると絶望的です。

スマートフィルターと、スマートフィルターのマスクを利用することでスピーディに、そして修正しやすいフローが可能です。

手順

  1. 対象となるレイヤーをスマートオブジェクトに変換する

  2. [モザイク]フィルターを適用する。フィルターのかかり具合は後から調整可能なので、仕上がりは、こだわらなくてよい。

    なお、スマートオブジェクトに対してフィルターを適用するため、「スマートフィルター」として扱われる。

  3. [レイヤー]パネルの[スマートフィルター]のサムネールをクリックし、command+Iで反転する(または、[イメージ]メニューの[色調補正]→[階調の反転]をクリック)。

  4. [スマートフィルター]のサムネールが白から黒に変わる。[モザイク]フィルターの適用がすべてオフになった。

  5. [ブラシツール]を選択し、ぼかしたいところを白いブラシでドラッグする

  6. ブラシプレビューを利用して、ブラシの大きさや硬さ(ボケ足)を調整しながら行う。やり直すには、Xキーを押して、ブラシのカラーを反転(白から黒)にしてドラッグすれば適用されない状態に戻る。

仕上げのコツ

  • モザイクの適用度合いは、[レイヤー]パネルの[フィルター]をダブルクリックすれば、いつでも可能
  • すでにスマートフィルターなどを適用している場合には、そのレイヤーを、改めてスマートオブジェクト化すればよい(スマートオブジェクトの重ねがけ)

@akatsuki_obanaさんからコメントいただきました。ありがとうございます!

ご参考

動画編集用のAdobe Premiere Proには、ぼかしをかけた顔(人)が動いても、それに追従する機能があります。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

『10倍ラクするPhotoshop仕事術』

発売準備中。

お知らせメール登録

『Webデザインの現場ですぐに役立つ Photoshop仕事術』

2015年3月『10倍ラクするIllustrator仕事術』の兄弟本としてソシムから発売。

  • 1章 制作をはじめる前に(鷹野 雅弘)
  • 2章 Photoshop CC以降でのカンプ作成のベストプラクティス(黒葛原 道)
  • 3章 モバイルにも通用するデザインカンプ制作のイロハ(牧下 浩之)
  • 4章 効率化のためのTips(三浦 将)
  • 5章 見落としがちな基本機能(鷹野 雅弘)

書名の通り、Web向けの内容です。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタなどをツイートしています。また、マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る