「ここまでインデント」って使ってますか

この記事は瀧本 浩二によって執筆されました。
公開日:2012年7月27日、更新日:2012年7月28日

InDesignに搭載されている小粒だけれど便利な機能、「ここまでインデント」使ってますか?
このブログに訪れるほとんどの人は知っているんでしょうけれど、知らない人が意外と多いことも事実です。

私は組版業者として、デザイナーさんが作るさまざまなInDesignデータを受け取りますが、デザイナーさんは、かなりの確率でこの機能を知りません。行末に改行を入れて、次行の頭にスペースを入れて調整しているデータを、何度見たことか。まぁ、スタイル機能すら使わない人が多い(ホントに多いんですよ!)ですから、「ここまでインデント」を知らなくても当然かもしれません。そんな状態のデータで、印刷所へのデータ入稿までの全行程を、まともなスケジュールでこなせるのか、一度やってみてほしいわ......。ここで愚痴言っても仕方ないのですが(笑)

さて、話を戻します。
「ここまでインデント」とは、突き出しインデント(ハンギングインデント)を、コマンド一発で簡単に実現する機能です。突き出しインデントとはこういうやつ(ここでは、丸付き数字が1字分突き出た形になっている)。

hanging_indent.png

この手のインデントは普通、「左/上インデント」と「1行目左/上インデント」を組み合わせて成形したりしますが、そんなことをしなくても、書式>特殊文字挿入>その他>「ここまでインデント」文字の挿入で、簡単に実現できます(右クリック>特殊文字の挿入からもいけます)。

さて、こんなに便利な機能なんですが、実は大きなバグがあります。この機能のバグは、旧バージョン(CS2くらい?)から現CS6まで連綿と受け継がれており、CS3ではいったん直ったように見えましたが、CS4で再発。もはやAdobeにとっても鬼門となっています(笑)

hanging_indent_bug.png

このように、「ここまでインデント」文字の前にスペースが入った場合、指定した場所で「ここまでインデント」が機能しません(本来は、1行目丸数字の後の「こ」と2行目の「ン」の縦ラインが揃っていないといけません)。ここでいうスペースとは、全角、欧文スペースのみならず、書式メニューから入力できる全ての特殊スペースが含まれます。このせいで、巷では、DKI(だいたいここまでインデント)などと揶揄される始末。

しかし、@monokanoさんによりバグ回避法(対処法)が発見され、ようやくDKI(どうにかここでインデント)に落ち着きました(笑)

super_hanging_indent.png
「ここまでインデント」文字の直前に「結合なし」文字を挿入!

単純な形の突き出しインデントなら、スペースを入れる部分にタブを入れて数値を指定するとか、「左/上インデント」と「1行目左/上インデント」を設定することで回避できるのですが、そうもいかないレイアウトの場合、この対処法は完璧な解答を返してくれます!

このバグについてのいきさつは、ここ(InDesignの「ここまでインデント」はDKIか)にまとめられています。

また、細かい検証については、@works014さんの『なんでやねんDTP』のこの記事が詳しいです。

バグ回避法が発見されたとはいえ、いつまでこんなバグを放置するのでしょうか。


※Wordでは、このインデントのことを「ぶら下げインデント」というらしいのですが、私は訳語が適切ではないと思っています。ハンギングは、たしかに「ぶら下げる」などの意味がありますが、日本語がイメージする「ぶら下げる」は、「何かの末尾」もしくは「何かの下側(下向き)」にくっついている状態です。「ぶら下げインデント」と言われてもイメージしにくいんじゃないでしょうか。ハンギングには、「ぶら下げる」のほかにも、「突き出た」という意味があるので、やはりここは「突き出しインデント」と訳すのが適切かと思います。


『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る