Mac OS X 10.5 Leopardと Quick Look(クイックルック)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2009年7月 7日、更新日:2011年1月 1日

2007年10月の発売から1年半近くも経ち、マイナーアップデートも7回も行われて10.5.7となっているMac OS X 10.5 Leopardですが、まだまだDTP業界では10.4止まりのところが多いと聞く度に愕然としています。ちなみに、10.6(Snow Leopard)が2009年9月にリリースされる模様です。

それはさておき、Mac OS X 10.5 Leopardを使って、古いOSに戻れないといえば、Quick Look(クイックルック)です。これは、作成したアプリケーションを使わずに、Finder上でプレビューするというもの。

Quick Lookを使うには、次のいずれかの操作を行います。もちろん、スペースバーを押す、が一番スピーディです。

  • quicklook_icon.jpgFinderウインドウのQuick Lookボタン(右図の目のようなアイコン)をクリック
  • command+Yキー
  • スペースバーを押す

ひとつ面倒なのが、アドビのアプリケーションが対応していないこと。CSにはBridgeがあり、「Bridgeを使ってよ」ということだと思うんですが、Quick Lookに対応するつもりはなさそうです。Bridgeはずいぶん軽くなっているし、起動も速くなっているのですが、なかなかワークフローに組み込むのが面倒です。

icon-spp64.jpgQuick Lookを拡張するプラグインの中で、次のファイル形式に対応していているSneakPeek Proが有償($19.95)ながら最強です。最近、CS4にも対応しています。

  • Adobe InDesign CS〜CS4ファイル
  • Adobe Illustrator 8〜CS4ファイル
  • EPSファイル

quicklook.png

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2018(2017年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ」と題して連載しています。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しました。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しました。

オススメのスライド

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る