IllustratorかILLUSTRATORか

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2007年11月21日、更新日:2011年1月 2日

Adobe CS3(およびAcrobat 8)から、商品名がすべて大文字になってしまいました。

何かの折りに(公式な質問としてアドビの人に)「今後は大文字なのですか?」と聞いたところ、「従来通りに記載してください」との回答を得ましたが、アドビのサイトでもしっかり大文字が幅をきかせています。

  • Photoshopでなく、PhotoShop
  • InDesignでなく、Indesign
  • Dreamweaverでなく、DreamWeaver
  • Fireworksでなく、FireWorks

など、誤った商品名があふれているので、それへの対抗策とも取れます(InDesignとかPageMakerとかがあるので、ややこしいですね)が、大文字で記載することで下記のような欠点が生じます。

  • ぱっと見て読みにくい。
  • 入力するときにも面倒
  • 読み上げブラウザなどで、1文字ずつ読み上げられてしまう

そもそも大文字ではなく、AllCapsでの表記だったのではないかと思うのですが、仮に自分がブランディング担当だったらアタマが痛いですね。

参考:Dreamweaverの正式な読みは何ですか?

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

セミナー開催情報

セミナー開催情報をこちらにまとめています。

DTP Transitと無関係のものも掲載しています。お問い合わせは、それぞれのイベントの主催者までお願いします。

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」と題して連載しています。

連載継続中です。

Adobe Creative Stationで「ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識」と題して連載しています。

連載は休止しています。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る