フォント管理2013(10.8対応、FontExplorer X Pro編)

この記事は鷹野雅弘によって執筆されました。
公開日:2013年4月27日、更新日:2016年10月 9日

DTP Transitで継続的に取り上げているフォント管理の2013年版です。OS X 10.8(Mountain Lion)、Adobe CS6を前提としています。

デフォルトの状態では、OSやAdobe CSなどがインストールするフォントがすべて表示されるため、フォントメニューには使用しないフォントがたくさん表示されているでしょう。

フォント管理ツール(ここではFontExplorer X Pro)を使用することで、はずしたフォント、および、自分で購入したフォントを、必要に応じてアクティベート(=使用可能にすること)できるように環境を整備する方法をご紹介します。

パレートの法則よろしくインストールされているフォントの中で使うものは一握りです。まず、フォント数を少なくすることで、スピーディにフォントを選択できるだけでなく、OSやアプリケーションの起動時間が短くなるという効果も得られます。

フォント管理を行った最小限の状態

フォント管理を行った後のIllustrator CS6のフォントメニュー

デフォルトの状態でのIllustrator CS6のフォントメニュー

フォントのインストール場所

「インストールされたフォントを整理し、最小限のフォントのみ残す」前に、フォントがどこにインストールされるのかを確認しておきましょう。Mac OS Xには、いろいろな場所にフォントがインストールされています。また、フォントをおくことで特定のアプリケーションのみ使用可能になる場所もあります。

インストール場所挙動
システム/ライブラリ/Fonts基本的にはアンタッチャブル
ライブラリ/Fontsすべてのユーザーが使えるフォント
Adobe CSのフォントはここにインストールされる
ユーザー/(ユーザー名)/ライブラリ/Fontsそのユーザーだけが使える
ユーザー/(ユーザー名)/ライブラリ/Application Support/Adobe/Fontsアドビのアプリだけが使える
アプリケーション/Adobe InDesign CS6/Fonts/InDesignのみが使用できる
アプリケーション/Adobe Illustrator CS6/Fonts/Illustratorのみが使用できる
デフォルトではないので、自分で作成する

FontBp.jpg

フォント管理については、Extensis/ソフトウェア・トゥーが配布している『Mac OS X 環境のフォント管理活用ガイド』(PDF)が参考になります。

フォント管理

フォント管理の流れ

フォント管理は、次のような流れで行います。

  1. フォント管理ツールを使って「ライブラリ/Fonts」のフォントをディアクティベート(使用不可)にする
  2. ディアクティベートしたフォントからよく使うものをセットとして登録し、アクティベートする
  3. その他のフォント(別途、購入したフォント)を、フォント管理ツールに登録し、必要に応じてアクティベートする

フォント管理ツール

icn_FontExplorer_X_Pro_128.jpg

このエントリーでは、FontExplorer X Proを使った方法をご紹介します(有料:79ユーロ、8000円弱)。ちなみに、対抗馬のSuitcase Fusion 4は、13,440円です。

Illustrator、InDesignのプラグインをインストールすることで、ドキュメント内のフォントを自動でアクティベートする機能がありますが、日本語環境では安定していません。

FontExplorer X Proの初期設定

FontExplorer X Proをインストール後、最初に起動すると、[FontExplorer X Pro Setup Assistant]が開きますので、[Continue]ボタンをクリックします。

font-manage-2013-04-s.jpg

[License Agreement]に切り替わったら、[I hereby agree to the license agreement]オプションにチェックを付け、[Continue]ボタンをクリックします。

font-manage-2013-06-s.jpg

[Organize Font Files]に切り替わります。[Organize Font Files]オプションにはチェックを付けずに、[Continue]ボタンをクリックします(チェックを付けると、フォントのアクティベート/ディアクティベート時に、フォントファイルを移動するようになります)。

font-manage-2013-07-s.jpg

[Import Fonts]に切り替わるので、[Import]ボタンをクリックします(FontExplorer X Proに取り込むフォントを指定します)。

font-manage-2013-08-s.jpg

フォントのインポートが終了したら[Continue]ボタンをクリックします。

font-manage-2013-10-s.jpg

[Plug-Ins]に切り替わります。ここでは何もせずに[Continue]ボタンをクリックします(IllustratorやInDesignのプラグインをインストールする画面ですが、プラグインはうまく動きません)。

font-manage-2013-11-s.jpg

[Updates]に切り替わります。[Check for update at startup]オプションにチェックを付けて、[Continue]ボタンをクリックします。

[Conclusion]画面の[Finish]ボタンをクリックして、初期設定は完了です。

フォント環境を最小化する

FontExplorer X Proを起動します。[LIBRARY]の[System Fonts]の▲をクリックします。

[All Users]を選択し、左側にあるチェックボックスをクリックしてOFFにします([All Users]には「ライブラリ/Fonts」フォルダー内のフォントが表示されます)。

[Warning: Do you really want to deactivate 446 fonts?]というアラートが表示されるので、[Deactivate]ボタンをクリックします(フォント数は同一でないかもしれません)。

[All Users]内のすべてのフォントのチェックボックスがオフになります。

Illustratorを起動し、フォントメニューを開くと次のように表示されます。「システム/ライブラリ/Fonts」のみがアクティブになっているため、フォントメニューはとても短くなっています。

フォントをセットとして登録し、アクティベートする

FontExplorer X Proウィンドウ右上の検索フィールドに「hira」と入力すると、ヒラギノフォントのみが表示されます。

表示されたヒラギノフォントを選択し、[Fonts]メニューの[New Set from Selection]をクリックします。

[SETS]内に新しいセットが作成されるので、「ヒラギノ」のようにセット名を設定します。セットとして登録するとことで、セット単位でアクティベート/ディアクティベートできるようになります。

同様に、小塚フォントを検索し、セットとして登録します。

Illustratorを起動し、フォントメニューを開くと次のように表示されます。「システム/ライブラリ/Fonts」に加え、ヒラギノ、小塚フォントががアクティブになっています。

必要に応じて、[All Users](「ライブラリ/Fonts」フォルダー内のフォント)のフォントをセットとして登録します。

自分のフォントをFontExplorer X Proに登録する

お手持ちのフォントは「ユーザ/共有/Fonts」においておくとよいでしょう。

アクティベートしやすいように、あらかじめフォルダ分けしておき、FontExplorer X Proの[SETS]にドラッグ&ドロップで登録します。

なお、同じフォントを異なるセットに登録することが可能ですので、たとえば、プロジェクトごとにセットを作っておくこともオススメです。

Type 1フォントの扱い

PostScript Type 1版とTrueType版のHelveticaは、「Helvetica Medium」(T1)と「Helvetica Regular」(TT)のようにフォント名が異なるだけでなく、形状も異なるためリフローの原因になります。そこで、TrueType版とType 1版のHelveticaのどちらを使うか明示的に指定を行い、第三者が制作したドキュメントでも意識的に確認作業などを行う必要があります。

Mac OS Xでは、システムフォントに「/System/Library/Fonts」内にある「Helvetica.dfont」を使っています。「dfont」はTrueTypeフォントのため、Type 1形式のHelvetica(やHelvetica Neue、Futura)を使うのはちょっとやっかいです。

Type 1形式のフォントを使えるようにするには、Illustrator、InDesignと同階層の「Fonts」フォルダーに入れます。

Illustratorでは、Type1、TrueTypeとも認識します。

InDesignではType1のみ認識します。

NG集

(1)「ライブラリ/Fonts」、「ユーザー/(ユーザー名)/ライブラリ/Fonts」はシステムレベルでNG

「ライブラリ/Fonts」または「ユーザー/(ユーザー名)/ライブラリ/Fonts」に、Type 1のHelveticaを入れると、次のようなアラート(警告)が表示されてしまいます(つまり、ここにはおけません)。

(2)非推奨になった「Application Support/Adobe/Fonts」

「/ライブラリ/Application Support/Adobe/Fonts」または「/ユーザー/(ユーザー名)/ライブラリ/Application Support/Adobe/Fonts」

現在、「/Library/Application Support/Adobe/Fonts」フォルダーの使用をアドビは推奨していないようです。

追記(2013年4月27日):

以前の記事では「システム/ライブラリ/Fonts」やIllustrator.app内のフォントも整理して、さらにフォント環境を最小化することをご紹介しています。

基本的に、これらはアンタッチャブルな領域として、2013年版ではさわらない方針で解説しています。

追記(2013年9月4日):

Illustrator CS6/CCで「エラーが発生したため、カラーパレットを表できませんでした」というメッセージが出ると、[アピアランス]パネルがきちんと表示されないなどのトラブルが多発します。

AICC-error-s.png

「Verdana.ttf」の有無によって引き起こされるようです。

どうでもいいけど、ツッコミどころ満載ですね...

  • 表できません→表示できません
  • カラーパレット→カラーパネル

追記:

Illustrator CCでは「Verdana」がインストールされていないと、Illustratorそのものが起動しません。

AiCC-error-verdana-s.jpg

その場合には、「Verdana」をアクティベートします。

AiCC-error-verdana-2-s.jpg

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版[CS5/CS6/CC/CC 2014対応])

2014年10月に発売。新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。

2015年3月、8月に増刷。前書(2011年版)と合算すると3万部超のロングセラーとなっています。

改訂版に関する情報

2011年に発売した書籍の改訂版です。

  • 対応バージョンは、CS5/CS5.1/CS6/CC/CC 2014
  • 178ページから78ページ増量の256ページ
  • 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別)

最新版への対応

2016年11月リリースのIllustrator CC 2017への対応版を、2017年2月に発売します。なお、書籍リリース後の追加情報は、サポートページにて公開しています。

全都道府県縦断セミナーツアー

2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。

47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。2014年に技術評論社から発売、現在5刷です。2011年版と合わせて35,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』全都道府県縦断セミナーツアー、 47都道府県すべての県での開催が終了しました。ご参加ありがとうございました!

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメのスライド

お問い合わせ

メールマガジン

サイトの新着情報などを、月1回程度、メールマガジンでも配信しています(まぐまぐから配信。無料です)

オススメ記事

Illustrator

InDesign

Photoshop

その他

 

リンク

このページの上部に戻る