【【2013年9月】カテゴリの記事一覧】

Photoshop CCが14.1にアップデートされ、「Generatorテクノロジー」により、それぞれのレイヤーを個別の画像ファイルとして自動的に書き出す「画像アセット」機能が追加されました。

Webサイト制作では、カンプと呼ばれる画像ファイルを作成後、「スライス」作業によって、書き出す領域を指定し、書き出し作業を行うというフローが必要でした。Photoshop CC(14.1)の「画像アセット」機能を使うことで、この作業(スライスと書き出し)が不要になるだけでなく、高密度解像度対応の画像書き出しにも対応するなど、この進化は、ちょっとズルイ!です(Fireworksの熱心なユーザーなのですが、こっちに肩入れ??? という意味で)。

作業手順は次のとおり。

  1. PSDファイルは英数字で設定します(例:test.psd)。
  2. [ファイル]メニューの[生成]→[画像アセット]をクリックします。
    PhotoshopCC-generator-1.png
  3. 画像として書き出したいレイヤーのレイヤー名に「logo.png」のように拡張子を追加します(対応する画像形式はpng/gif/jpeg)。
    PhotoshopCC-generator-3.jpg
  4. このタイミングで「test.psd」と同階層に「test-assets」フォルダーが自動的に作成され、その中に「logo.png」が自動的に作成されます。
    PhotoshopCC-generator-2-s.jpg

Photoshopで修正を加えると、ほぼリアルタイムに修正内容は反映されます。

Illustratorの[一般]環境設定に[プレビュー境界を使用]というオプションがあります(デフォルトはOFF)。

AICC-preview-outline-s.png

たとえば、次のように「形状に変換」アピアランスを設定した2つのオブジェクトがある場合を考えてみましょう。

AICC-preview-outline-2.png

Illustrator CC、InDesign CCでは、フォント関連で次のような機能強化がされました。

  • 検索機能
  • お気に入り(InDesign CCのみ)
IllustratorPhotoshopInDesign
合成フォント
最近使用したフォント書式→
最近使用したフォント
書式→フォント
(メニュー内)
検索任意文字
頭文字
ハイブリッド
フィルターお気に入り
クラス
類似フォント

検索機能には「任意文字検索」と「頭文字検索」があります。

InDesignCC-font-menu-option.png

2013年9月4日、ザ・ ドキュメントガーデン(神保町)でFBMフェア2013(主催:エフ・ビー・エム株式会社)が開催され、「Illustratorテクニック講座」セッションを鷹野雅弘(スイッチ)が担当しました。

参照リンク(アピアランス関連)

関連エントリーもあわせてご覧ください。

Twitter

本サイトの記事以外に、小ネタやタイムリーな話題などをツイートしています。

マンスリーでまとめています。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)は、2011年発売の『10倍ラクするIllustrator仕事術』の改訂版。

2014年に技術評論社から発売、現在6刷。2011年版と合わせて38,000部のロングセラーとなっています。

詳しくはサポートサイトにて。

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。全ページ書き換えていますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。

お知らせメールへの登録はこちら

5つの「く」

画像:『10倍ラクするIllustrator仕事術』改訂版

DTP Transitのコアとなっている制作へ考え方「ムラなく、モレなく、直しに強く、手数を少なく、美しく」を5つの「く」としてまとめてみました。

オススメ外部リンク

お問い合わせ

リンク

このページの上部に戻る